2017年04月27日

♡ケーキ王子の名推理 1巻【ネタバレ・感想】






「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」の七月隆文原作小説をコミカライズ!
ケーキが大好きな女子高生・未羽は、失恋のかなしみを癒すため訪れた自由が丘のケーキ屋で、パティシエ修行をしている学校一のイケメン王子、颯人に遭遇。噂に違わず女子には冷たいけれど、夢への想いはすごく熱くて!?
恋の悩みもトラブルも、お菓子の知識で鮮やかに解決する胸キュン青春ストーリー!



こんばんはー!今日はコミカライズ作品をご紹介します^^

あまりコミカライズとか興味のない私でしたが、こちらは結構読みやすい感じにまとめてありました^^♪


早速紹介していきます!

この作品は区切りがしっかりしているので、キーワードではなくて話数ごとにで☆

とりあえずそれぞれタイトルがついているのそれをキーワード代わりにしますね!!


【ショートケーキ】【コンベルサシオン】です!





以下はネタバレを含むので、OKな方のみお願いいたします!*******************






【ショートケーキ】


彼氏に振られ、おいしいケーキを食べようと思いさまよう主人公・未羽は道に迷い、近くにあったケーキ屋さんに入ります

そこで偶然、学校の王子・颯人に出会い、壁ドンされ、ここで働いていることを口止めされます

うなずく未羽ですが、ケーキが食べたく、注文しますが売り切れたと言われその場で号泣します

追い出されそうになったところを店長が紅茶を出してくれます
そして颯人のことを聞くのですが、不機嫌な颯人はまた追い出そうとします

店長にここに来た理由を聞かれる未羽ですが
颯人に未羽はこれまでの行動を当てられたじたじになります

そして彼氏に振られた理由が「スイーツのこだわりが強く、それに対して熱く語ってしまうこと」(?)だったようで、ケーキについてもハードルがどんどん上がっていっていることを嘆きます

そこで店長は颯人に、未羽が今日が幸せな日という思い出に帰られるケーキを作るように言います

颯人は未羽の言動を踏まえ、未羽に合わせた、未羽のためだけのショートケーキを作ります

今までの悲しかった思い出などを一気に吹き飛ばす優しいケーキに未羽は泣くほどおいしいと言います!




【コンベルサシオン】

未羽は学校で颯人に「食事に付き合ってくれ」と声をかけられます

羨望の嵐の中、未羽はいろんな意味でドキドキしてしまいます

当日はドレスコードのあるお店で、1万以上するコース料理未羽の緊張は高まります

しかし颯人はパティシエの勉強として、おいしいものを食べ、最高のサービスを受け、終始熱心な様子
普段のように小言も言わない颯人を前に、未羽はパティシエを目指した理由を聞きます


店長が作ったケーキを小学生のときに食べて、もうパティシエを目指すようになったとこを聞き、感心します

そんなとき、ウエイターさんが来店していたフランス人の女性にこっそりと声をかけており、
そのあと×マークをされ、退店した様子を2人は目撃します

その後、そのウエイターさんがケーキを持ってきたときに颯人はさっきの女性を追いかけろと言います

理由は語らずも、追いかけないと後悔すると伝えると、ウエイターさんも追いかけていきます
そして少ししたら笑顔で戻ってきたので、未羽は驚きます

2人は店を出た後、お店で買ったコンベルサシオン食べながら、颯人に先ほどの理由を聞きます

フランス語で×印が会話を意味すると言うことで、ジェスチャーの意味をとらえ間違えていたと指摘します

お店を出た後は相変わらず颯人の嫌みは出ますが、また少し颯人のことを知れて未羽は笑みをこぼします^^

そして次の日、クラスメイトに颯人と歩いていたのを目撃され、付き合っているという流れにされ、未羽もパティシエの件について口止めされていたので、うまく立ち回れなくなります

無理矢理颯人のクラスに連れて行かれ、やけくそで彼女のふりを思いっきりします

颯人は最初切れた様子を見せますが、状況を察したのかうまく合わせてくれて・・・?


というところで次巻に続きます☆



元が小説と言うことなのですが、かなり少女漫画向きな内容だし、タイトルにもあるように、かるく推理も入っているので楽しく読めます^^

お菓子が好きな子は読みながらそういう詳しい話も読めるのでうきうきしますよー\(^O^)/


みなさんの作品への感想なども聞かせていただけたらと思います♪コメントなどお待ちしております^^
posted by ましゅましゅまろん at 21:55| Comment(0) | ♡漫画【ネタバレ・感想】 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
最近の記事
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。